インロックの種類④

インロックが起こり得る可能性として『カーテシスイッチの不良』もあげられます。

カーテシスイッチとは、クルマの装備のひとつで、ドアやトランクの開閉状態を検知できるスイッチのことを指すします。

スマートキーにて車を解錠した後しばらくドアを開けなかった場合に、閉め忘れ防止のため自動で施錠するという機能があります。

車を解錠し中に鍵を入れたケースで、もしカーテシスイッチに不具合があれば、ドアが解錠されたことを認識できず自動でロックしてしまうことがあります。

例えば、車を開錠して運転席のドアを開け、キーを車内に置いた状態だと、車両側はキーが車内にあると認識するはずです。

しかし、カーテシスイッチが壊れていたら、運転席のドアを開けた事が車両側に認識されていない事になり、自動でロックがかかってしまいます。

これによって、インロックがかかる場合もあります。

何回かにわたり『インロック』についてご紹介してきました。

何かお困りのことがありましたら、アートロックサービスまでお問合せくださいませ。

前の記事

とても親切でした。

次の記事

ケース錠交換しました